猫は遊ぶ時間が何分で満足できる?

こんにちは、愛猫と遊ぶたびに生傷が絶えない「きぃ」です。

猫と一緒の時間を楽しく過ごすのはとても楽しいですよね。愛猫テトはお気に入りのぬいぐるみと遊ぶのが大好きで、くわえてあちこち走り回ったり、サッカーのように足でポンポンしている姿を見ているだけで楽しくなります。

出来れば一緒に楽しく遊んであげらると良いのですが、仕事や学校などでなかなか時間を取れないのが現実ですよね。

遊び足りなくてストレスが溜まっているのではないか・・・

愛猫が遊ぶ時間はどれくらいで満足できるのか・・・

などなど、気になってきますよね。

そこで猫はどれだけの時間を遊べば満足できるのか、必要な時間と、時間のない時でも愛猫が満足できる遊びの方法を我が愛猫テトと共にご紹介していきます。


猫は遊ぶ時間が何分で満足できる?

猫は自由気ままで、こちらの都合を考えることなく遊びに誘ってきます。だからといって、誘ってくるたびに何も考えないで遊ぶのは良くないですよね。

遊びも生活の中の大切な時間ですのでしっかりと管理していかなければいけません。

猫と遊ぶのであれば、猫が満足できる時間を凝縮してあげるのが効果的です。

目安にしたい時間は10分。

もちろんこれよりも多い時間遊んでもかまいませんし、猫が疲れているようであれば早々と切り上げても構いません。肝心なのは時間というよりも質なのです。

長い時間をかけてだらだらと猫の相手をするよりも、こちらも本気になって猫と遊ぶ方が良いのです。そうすることで短い時間でも猫は満足してくれますし、良いコミュニケーションになるのです。

愛猫と遊ぶなら時間を見極める!

猫と遊ぶなら元気に行動できる日中が良いと思われるかもしれませんが、実は夜の方が最適だったりします。そもそもですが、猫は夜中から朝方にかけて活発に行動する習性があり、お昼は寝ている事が多いです。

猫あるあるの一つ「夜の運動会」もこの影響からだったりします。

ということは、猫と遊ぶ時間は夜でも問題ないということになりますよね。

夜であれば、仕事終わりでも10分程度であれば時間を確保することは難しくありませんし、十分な運動をさせることで「夜の運動会」の被害を最小限に抑えることができます。

愛猫テトの場合も夜に遊ぶことが多いです。ボールを転がして遊んだり、お気に入りのぬいぐるみを狩りの対象にして本能を刺激して毎晩遊んでいます。

もちろん休日になり時間が多く取れるのであれば猫の様子を見ながら目一杯あそんであげるのが良いと思います。

猫は夜の方が活発に行動しますので、仕事の日でも時間を見極めて10分くらいは遊んであげましょう。

猫と遊ぶときに注意したいポイント

愛猫と遊ぶときに注意したいポイントがあります。

それは年齢とおもちゃです。

猫は年齢によって好みや運動量が変わってきますので、年齢に合わせた遊びを選んであげるのがポイントなのです。

子猫の時は一番好奇心が強くてなんにでも興味を示す楽しい時期であり、また一方で社会性を身に着ける大事な時期になります。

この時期は遊ぶ時間を多くとって猫の好奇心を満足させるのが良い成長につながります。また、遊びで十分な運動ができることでストレス発散にもなりますし、危険なことを覚える最良の時期になるのです。

小動物のぬいぐるみで狩りのまねごとをしてみるのも良いですし、猫じゃらしで好奇心を思いっきり刺激してあげるのも楽しいですよ。

子猫の時は思いっきり遊ぶのがポイントです。

成猫以降になると体が大きくなり好奇心が減少していき落ち着きがみられるようになります。これまで遊んでいたおもちゃで遊ばなくなったり、走り回る機会が減って運動量が減ってきます。それでも、キャットタワーやキャットウォークなど猫が一人でも運動できるアイテムがあれば運動になりますし、ストレス解消にもつながります。

老猫になると運動量がさらに減ってきて激しい運動をする事がなくなってきますので、無理に遊ぶのではなく愛猫に合わせて遊ぶようにしましょう。

猫と遊ぶときには時間だけではなく、年齢やおもちゃについても考えるともっと楽しく過ごせますよ(*^^*)


猫と遊ぶ時間がない時にできる方法

猫と遊ぶのはたのしいですが、忙しい毎日の中だとなかなか時間が取れず遊べない日もありますよね。

仕事で夜遅く帰ってきた時など体力も気力もなくて愛猫のもふもふに癒されるだけの日もあります。

猫と遊ぶ時間がない時に何かできる方法があればよいですよね。

そのような時に使用したいのが一人遊びできるキャットタワーなど上下運動ができ猫が楽しく動けるおもちゃです。おもちゃについては前項でご紹介しましたが、キャットタワーは一人遊びができ運動にもなる優れたアイテムです。ただ、一人遊びできるがゆえに一緒になって楽しむことはできませんが、愛猫の良い遊び場になると思います。

一緒でなくても一人遊びができれば猫もストレスを感じないと思いますし、遊ぶことで「夜の運動会」も解消されるはずです。

なかなか遊ぶ時間が取れないのであれば、猫が一人でも楽しめる環境を作ることが猫と遊ぶ時間がない時にできる方法だと思います。


まとめ

猫と遊ぶ時間がない時にできる方法について見てきましたが、自由気ままな猫とストレスなく遊ぶためには気を付けるポイントがあります。

時間の無い生活の中で猫と遊ぶのであれば、猫の行動時間を見極めて10分をめどに目一杯遊ぶのが愛猫との距離がグッと近づく良いコミュニケーションになると思います。

また、本当に時間が取れないのであればキャットタワーなど一人遊びできる環境を整えてストレスをため込まない工夫が必要だと思います。

私もなかなか時間が取れませんので、時間の取れる休日はお手製のおもちゃで愛猫テトと遊んでいます。手作りということで愛着がわきもっと楽しく遊べますので、あまり遊ぶ時間を作れない方は一度お試しになってみれはいかがでしょうか。

猫と一緒に遊んで最高の一日を過ごしましょう(*’ω’*)