猫の多頭飼いを始めるが、慣れるまで超不安なのです

テトを飼い始めてから数か月…

様々な表情を見せてくれて楽しい日々を送ることができていますが、テト一人では何かさみしく思う事があるんですよね。

そこで思うのが、

「遊び相手がいればもっとたのしいのでは?」

なのです。

つまり、猫の多頭飼いですね。

そうと考えた後の行動はめっちゃ早かったです(笑)

新たな家族を迎えるためすぐに行動に移し、そして見つかりました。

と、猫の多頭飼いを始めたわけなのですが、私自身猫の多頭飼いをするのは初めて。個人的には猫が一人増えるだけなのでなにも変わんないと思っていましたが、物事はそう簡単にいかないんです…

皆さんも猫の多頭飼いをしてみたいと思っている方がいらっしゃると思いますので、猫の多頭飼いを始めるとどうなるのか、私の経験をお伝えしていきます。


猫の多頭飼いは慣れるまでどれくらいかかるのか?

新たな猫が我が家の一員になったのがテトが6ヶ月を迎えたころ。

この時は新たな猫を迎え入れてもすぐに慣れてくれると軽い気持ちでいたのですが、実際はそうではありませんでした。

思い返せば、去勢手術を受けた少しあとだったので、あの頃のテトはストレスが溜まっていたのかもしれません。

さて、新たな猫は白い毛並みがきれいな女の子。

こはくちゃんです。生後五か月の女の子。

こはくの品種はメインクーン、長毛で大きくなる猫です。こはくは女の子なのでそこまで大きくはならないと思いますが、世の中にはめっちゃ大きくなるメインクーンもいるようで少しビビっています。

さて、あらたに家族になったこはくなのですが、上の動画にもあるように、初めて出会った日はテトがめっちゃ威嚇して仲良くなる雰囲気はありません。

テトは久々に見るほかの猫にびっくりしたのかかなり威嚇するんですよね。一方、こはくは別に気にする様子はなくケージの中にいるので性格的に温厚なのかもしれません。威嚇は全くしないんですよね。

めっちゃ威嚇する先住猫とマイペースな新入り猫、正直この反応では一緒にいると大ゲンカになる危険がありましたので、最初は離れての生活にしました。離れてといっても別の部屋で過ごすだけなのでニオイはわかるようで、テトはずっと機嫌が悪いんですよね。

本来、猫の多頭飼いをするならニオイから徐々に慣れさせてじっくり時間をかけ顔合わせをするのが良いそうなのですが、いきなりの顔合わせはダメだったかもしれません。

この調子だと多頭飼いに慣れるまで時間がかかるかも…不安な初日となりました。


猫の多頭飼い二日目に早くも変化?

さて、不安の残る出会いから二日目。

慣れるまで時間が掛かると思っていたのですが、私達の心配をよそにテトとこはくの距離が縮まっていくのです。

二日目にして新たなお家で余裕なこはく。

この行動にテトも少し慣れてきたのか近寄ったり、追いかけてみたりとこはくにいい意味で興味が出てきたようですが、完全に気を許したわけではなく、ことあるごとにテトは威嚇するんですよね。

とはいえ、二日目にしてこの変化は驚きです。

後になって調べてみると、慣れない猫は本当に慣れないそうで、慣れるまで一か月以上かかることもあるそうです。中には本当に相性が悪く一緒に暮らせないこともあるそうなので、こればかりは出会ってみないとわからないようです。

こはくはテトにお腹を見せて敵意がないことを示していますので、こはくに関してはテトを受け入れようとしていると思いますが、いかんせんテトのほうがねぇ…

仲良くなるのかよくわからない関係の二日目となりました。


猫の多頭飼いを始めて三日目で慣れる?

多頭飼いをスタートして三日目、キャットタワーの上でテトとこはくが身を寄せて一緒に昼寝をしていて驚きました(笑)

動画のタイトルにもあるように、本当に仲良くなったわけではなくて、疲れて一緒に寝ているだけだったりします。目が覚めるとテトがこはくを追いかけまわします(笑)

それでも、この距離で一緒にお昼寝するということは、相性は悪くなさそうに思えます。

テトは威嚇する頻度が減りましたし、こはくは特に変わらずマイペースな感じなので、先住猫がいかに受けいれるかが大事ですね。ハナツンして挨拶もしましたしテトもこはくも相手を受け入れ始めていると思います。

何よりこはくはテトの威嚇に委縮することはなく、家に迎え入れてすぐ活発に行動しているのもいい傾向なのかもしれませんね。

先住猫と新入り猫が出会って三日目で大きく距離が縮んでくれてほっとしました。


まとめ

猫の多頭飼いを始めたわけですが、一番の難関である顔合わせが上手くいって本当にほっとしています。こればかりは人間がどうこうしてうまくいくものではありませんので、猫次第になりますよね。

テトとこはくの場合は一週間もたつと仲良く遊んでいましたので短期間で多頭飼いに慣れてくれました。しかも特に事前準備をすることもなく、いきなり顔合わせをして上手くいきましたので、本当に手がかかりませんでした。

ただし、こればっかりは猫同士の相性があって猫によってはどのような反応を見せるのかわかりませんので、猫の多頭飼いを始めるのであれば慎重に事を運んだほうがいいかもです。

とはいえ、不安を乗り越え家族が増えるとさらににぎやかになって楽しくなりますね(^^♪