猫におやつを毎日与えるのは良くない?本当は与えなくても良いって本当?

猫におやつを毎日与えるのは大丈夫なのでしょうか?

こんにちは、愛猫テトにおやつを与えてコミュニケーションを楽しんでる「きぃ」です。

皆さんは愛猫におやつを与えていますか?

もちろん、私はテトがおやつを食べる仕草が好きなのでおやつを与えて楽しんでいます。

でも、猫用のおやつって調べてみると猫に必要ないって言われているんですよね。それこそ猫に毎日おやつを与えても大丈夫なのでしょうか?

そこで猫におやつを毎日与えるのはいかがなものなのかを検証していきます。


猫におやつを毎日あげるのは良くない?

結論から申し上げますと、そもそも「猫におやつをあげる必要はない」のです。

ですので、猫に不要なおやつを与えないで健康的な食生活を送っていきましょう。

ここまでお読みいただきありがとうございま・・・って、これでは身も蓋もありません。

猫におやつを与えたいからこそ、良いのか悪いのかを知りたいんですよね。

私も色々調べましたが、基本的に猫におやつはいらないという情報ばかりで、愛猫テトにおやつを与えるのが悪なのではないかと疑問に感じていたのです。

しかし、愛猫がおやつをふがふがしながら食べる姿を楽しむのは猫ライフにとって至高の瞬間!

そこで、猫におやつを毎日あげても良い方法があるのかを探っていきます。

まずは猫にとっておやつとはどういうものか見ていきましょう。

猫にとってのおやつはド〇ッグ?

猫にとっておやつは嗜好品になります。

そもそもですが、猫の主食であるキャットフードは総合栄養食といって、これだけを適量食べていれば必要な栄養素を取ることができる優れたフードです。

猫のおやつで有名なので思いつくのは「CIAOちゅーる」ではないでしょうか。CMも有名でペロペロと可愛く舐める姿がとても可愛いんですよね。

しかし、「CIAOちゅーる」を一度味わった猫はその嗜好性に取りつかれて夢中になってしまいます。パッケージを見ただけですり寄ってきてクレクレアピールしてきます。

このような猫の行動を見ると、猫のおやつには中毒性があるように感じますよね。でも、そんな仕草も可愛くて、ついつい与えすぎちゃうんですよね。

つまり、猫のおやつは人間でいうお酒やたばこのように、いらない人にとっては何の価値もない嗜好品(ド〇ッグ)の位置づけになるのではないでしょうか。

しかも一度ハマってしまえばなかなか抜け出すことは難しく、摂取し続けることで病気を引き起こしてまう非常に厄介な嗜好品です。

これでは猫のおやつは悪そのものですが・・・でも、安心してください!

猫も安心しておやつを楽しむことができる方法があるのです!


猫におやつを与える適度な頻度とタイミングとは?

猫にとっておやつはまったくもって必要ではありません。

しかし、猫もおやつは大好き。

飼い主としてはコミュニケーションの一つとしておやつを与えたいですよね。

実はおやつは与える頻度とタイミングを考えれば、健康に影響を与えることなく、ストレス解消にも役立つ素晴らしいアイテムになるのです。

そこで、猫のおやつの適切な頻度とタイミングについてご紹介していきます。

猫のおやつは頻度が大切

猫におやつを与えるのであれば一日の摂取カロリーを気にしてください。

猫が1日に理想とする摂取カロリーを大雑把に表すと、

年齢 必要カロリー
4ヶ月 500kcal前後
6ヶ月 550kcal前後
12ヶ月 600kcal前後
成猫 500kcal前後
老猫 400kcal前後

大雑把ですが、概ねこのようになると思います。

環境や体重、疾患によって必要カロリーは変わってきますが、大体の目安として参考にしてみて下さい。お持ちのキャットフードにも記載されていると思いますので、そこから一日に必要なカロリーを参考にします。

一日に必要なカロリーが500kcalで2回ご飯を食べているとすると、1回で250kcal摂取すれば必要なカロリーが取れているということになります。もちろん、総合栄養食ですので必要な栄養素も問題ないということになります。

変わって猫のおやつのカロリーを見てみると、代表的なおやつ「CIAOちゅーる」は1本14kcalになります。

すなわち、猫におやつを与えるのであれば、キャットフードで摂取する一日に必要なカロリーからおやつの分を引けば問題ないと思います。

一日に必要なカロリーを大きく超えなければおやつを与えても良いですよね。

ただし、毎日何本も与えて必要な栄養素が足りなくなるのは避けたいですので、猫におやつを与える頻度をきちんと管理する必要があります。

私の場合ですが、愛猫テトへのおやつの頻度は週2回程度にしています。

テトはおやつが大好きで、できれば毎日与えて楽しく過ごしたいのですが、毎日与えると成長に必要な栄養素をきちんと取れない可能性がありますし、おやつばかりでキャットフードを食べなくなる危険性もあります。

参考記事⇒猫におやつをあげる頻度はどれくらいがいいのか?的確な量で健康的な食生活を!

経験上ですが、猫へ与えるおやつの頻度は週2回程度が良いのではないかと思います。

猫へおやつを与えるのはタイミングも大事

猫のおやつですが、与えるタイミングも考えましょう。

注意したいのが、ご飯の直前と直後です。

ご飯の直前におやつを与えると、猫にとって重要なエネルギー源であるキャットフードを残したり食べなくなる事があります。これではカロリーを気にしていても必要な栄養素を取れなくなる可能性があって駄目ですよね。

ご飯の直後におやつを与えると、お腹が一杯でもおやつの魅力に勝てなくて無理に食べてしまい嘔吐する可能性があります。これではフードの意味がなくなります。

おやつを与えるのであれば、ご飯の時間とは違うタイミングにしてあげて下さい。

また、おやつを与えるタイミングでお勧めなのが、猫がストレスを感じた時です。嫌がる注射を頑張った時や知らない人が家に来た時、お風呂に入った時など愛猫が頑張った時におやつを与えるのも良いタイミングだと思います。

猫のおやつは頻度とタイミングが大事なのです。


まとめ

猫におやつを毎日与えるのは大丈夫なのかを検証してきましたが、一日に必要なカロリーと栄養素からおやつのカロリーを計算すると、毎日おやつを与えるのはやめた方が良いのではないかと思います。

おやつは頻度とタイミングが大事ですので、毎日与えるのではなく、愛猫との深いコミュニケーションの一つとして考えると素晴らしいアイテムになるのではないでしょうか。

私も愛猫テトとおやつで楽しい時間を有意義に過ごしたいと思います。