猫を飼う事でデメリットやメリットはある?正直な感想を実際に飼っている私が答えます。

猫を飼いたいと思っている方で気になるのが、猫を飼う事で何かデメリットがあるのか、という事ではないでしょうか。

猫は生き物ですので、当然放っておくことはできず、衣食住のお世話をしなければいけません。

「そのようなことは当然知っている」

猫を飼ったことが無くてもそのくらい大丈夫ですよね。

しかし、猫を飼う事で皆さんが想像できないデメリットが存在するかもしれません。

そこで、実際に猫を飼っている私が思うデメリットをご紹介していきます。猫を飼う前にチェックしておきましょう。


猫を飼うデメリットは意外とある?

猫を長年飼っている私ですが、実のところ猫を飼う事で起こるデメリットを特に感じていません。ずーっと一緒にいますので当たり前になっているんですよね。

でも猫を飼う初心者の方にはとても耐えられないという事もあると思います。

では、実際に猫を飼う事で起こるデメリットについて見ていきましょう。デメリットという事で猫を飼う事で起こるトラブルは省いていますので、トラブルについてはこちらをご覧ください。

参考記事⇒猫を飼うときの心構え、後悔しないように猫の事をよく知っておこう

1・猫中心の生活になり時間の融通が利かなくなる

猫を飼うと時間を猫に合わせる必要があります。

猫の餌の時間、トイレの掃除、猫の寝る時間など猫の生活スタイルをできるだけ厳守する必要があります。

何故かといえば、猫は意外と時間通りにご飯を食べたり寝たりしますので、バラバラの時間にすると猫にストレスになることがあるからです。

夜遅くまで飲みに行くことはなかなかできませんし、朝も決まった時間にご飯にすなければいけませんので、休みだからといってだらだらと寝ることはできませんよ。

たまに夜遅くに帰ってくると猫が不機嫌(私がそう感じるだけで本当のところはわかりませんが・・・)になっている事があります。心なしか暴れる頻度が多くなるんですよね。

もちろん旅行なんていけませんよ。

猫を飼うと時間が自由に使えないデメリットがあります。

2・家具がボロボロになる

猫を飼うとある行動に悩まさせられるかもしれません。

その行動とは爪とぎです。

猫を飼う初心者さんの方は市販の「爪とぎ」があるから大丈夫と思われるかもしれませんが、猫が「爪とぎ」だけで爪を研ぐことはあまりなかったりします。

私が現在飼っている猫「テト」の場合ですが、パソコン作業用の机と椅子で爪とぎをしています。特に椅子はメッシュ素材でおおわれているのですが、爪とぎでメッシュがボロボロになります。

また、家中の壁や柱でも爪とぎをしますのでボロボロです。もちろんテレビ台や食器棚なども標的です( ;∀;)いくら爪切りをしても傷がつくことを回避することはできません

賃貸物件などこっそり猫を飼うと退去する際にトラブルになりますので、ペット可の物件で猫を飼う事を強く推奨します。

猫を飼うと家具がボロボロになるのです。

3・トイレがくさい

猫も当然ですが生理現象が起こります。

臭いです。

猫は肉食動物ですので、猫用の餌はお肉系が多く、当然出てくるものは臭くなります。

消臭効果を謳ったトイレ用具もありますが、完全にニオイを無くすことはできませんので、ある程度のニオイは我慢が必要です。

お金に余裕があれば全自動の猫用トイレで快適に過ごせますが、奮発して購入しても猫の性格により使用しない場合もあります。10万円かけて使ってくれないのは恐怖です。

また、猫の排泄物で健康状態を確認する飼い主さんが多いと思いますので、全自動ではなかなか難しい場合があります。

我が家ではくさいイコール健康と割り切ってテトを見守っていますので、トイレのニオイは体調管理の一つになっています。

中にはトイレ以外で排泄する子もいますが、その場合は何らかのトラブルがありますのできちんとした対処が必要になります。

4・猫が色々な場所で吐いてしまう

猫はよく吐く生き物です。

吐く理由ですが、

・グルーミングで飲み込んだ毛玉

・食べ過ぎ

・異物を食べたとき

・病気

などがあげられます。

猫が吐く理由はこのように様々あり、よく吐く動物と言われているのです。

問題として、人間のように決まった場所で吐くことがでず、あらゆる場所で吐いてしまうのです。

これは癖みたいなものですので、ベッドやソファで吐かれてもあきらめて下さい。吐いたときは猫の体調を心配しましょう。

一応ですが、猫が吐かないように工夫することもできますので、気になる方はチェックしてみて下さいね。

5・夜中に暴れてうるさい

猫は時間を気にせず暴れます。

猫を飼う初心者の方も一度は耳にしたこともあると思いますが、「夜の運動会」が夜中に開催され騒音を巻き起こすことがあります。密接した賃貸住宅だと近所迷惑になるかもと困るんですよね。

一人で遊んでいる時はまだいいのですが、寝ている私にじゃれてきて咬みついたり引っ掻いたりもしてきます。おなかにジャンプしてきたときは目が一気に覚めましたよ。

「夜の運動会」は猫の本能ですので、あきらめて猫がつかれて寝るのを見守りましょう。

当然ですが睡眠時間が削られます。

6・猫によって手がかかる場合がある

ミックスだから病気に強い、アメリカンショートヘアだから懐きやすい、メインクーンだから穏やかなど猫の種類によって大まかな性格や傾向ってありますよね。

しかし、猫も個体によって性格が微妙に異なりますので、ミックスでも病気になりやすい子もいれば、アメリカンショートヘアでも懐きにくい子もいるのです。

こればっかりは実際に飼ってみて、性格を知っていかなければ分かりませんので、ちょっとした賭けになります。

また、病気になりやす子もいます。

特に純血種の場合病気にとてもなりやす子がいるそうで、事あるごとに病気になり通院することになるそうです。

私も以前飼っていた猫が猫エイズにかかり通院入院しましたが7万円以上かかりました。猫はとても心配でしたし私的な理由でお金もぎりぎりだったのでとても大変だった記憶があります。

同じ血統であっても猫によって個性がありますので、手がかかることがあります。


猫を飼うとメリットも沢山ある!

もちろん、猫を飼う事でデメリットだけが起こるわけではありません。飼う事で確かに大変な面は出てきますが、それだけ懐いて甘えてきたときの嬉しさは大きなものになりますよ(*’ω’*)

また、猫を飼う上で他の動物にないメリットもありますので、併せてご紹介していきます。

1・散歩いらずで自由気ままに生活!

猫は犬のように散歩に連れて行かなくても元気に室内で一緒に暮らしてくれます。

猫は室内で十分に運動できますし、キャットウォークやキャットタワーなどがあれば、猫だけで楽しく遊ぶことができます。もちろん一緒に遊ぶことも重要ですが、猫だけで完結できるメリットは大きと思いますよ。

とはいえ、子猫の時はしっかり面倒を見てあげないとだめですよ。

2・寂しさが紛れる

猫を飼う事とお世話をしなければいけなくなり、自分の時間が無くなりますが、お世話をする事で寂しさが紛れるのです!

一人暮らしで話し相手がいなかった方は、自然と猫に話かけるようになり、同居人として猫に接するようになるのです。

ご飯の時、掃除の時、寝る時など猫と一緒に過ごすことで寂しさが紛れるのです。

3・家族との会話が増える

猫を飼う事で家族との会話が自然と増え、たくさんの話題が生まれます。

お世話をしてどのような事があったのか、毎日の会話に事欠かなくなります。猫の行動に驚かされて会話が弾みますし、猫が誰と一緒に寝るのかで話題にもなりますよ。

ちょっと会話が少なくなっている家族の潤滑油になるのです(*’ω’*)

4・癒される

これは猫を飼う最大の理由だったりします。

猫が飼い主に慣れてくると警戒心が薄れて癒される行動をしてくれます。

のどを鳴らしてすり寄ってきたり、寝る時に布団に潜り込んで一緒に寝ることもあります。

中には、なかなか甘えた行動を見せないプライドの高い猫もいますが、時折見せる甘えで飼い主をメロメロにさせるツンデレ猫もいるそうです。

私はパソコンで作業をしている時に膝の上で寝てくれるテトに癒されています。とても邪魔ですが、それが良かったりします。

まぁ、パソコンの上に居座るのはあるあるです(*^^*)

・病気対策になり健康な生活ができる

動物と触れ合う事で心のストレスを和らげるアニマルセラピーをご存じでしょうか?

アニマルセラピーは猫や犬と触れ合う事で、落ち込んだ心を癒してくれたり元気をもらったりできる効果があるそうなのです。

これは専門の病院だけの効果だけではなく、自宅で猫や犬を飼うだけで十分な効果があるそうです。

確かに、猫と一緒に過ごすことで笑顔が自然と増えますし、キツイ仕事や学業も猫の為にと頑張れます。また、お世話をする事で命に係わる大切さを改めて考えることができます。

猫がいるだけで心が軽くなるのです。


まとめ

猫を飼うという事は良いことばかりあではありません。

今回ご紹介したデメリットは猫を飼うと避けることのできないことなのですが、個人的にこのような事をデメリットと感じるのであれば飼う事はお勧めできません。

毎日の事ですので楽しく猫と生活できなくなります。

デメリットがあったとしても・・・それでも猫を飼いたいと思うのであれば、少しのことは我慢して猫を飼いましょう。

それ以上の楽しさが待っていると思いますよ。