猫を飼う上で困ること5選!可愛い我が子にもやんちゃな時期があるのです

猫を飼う心構えをしっかり持ち、準備も万全になっている過去の私ですが、実際に猫を飼って予期せぬ事態になることがありました。

若き頃、猫の事をそこまで理解せず、可愛いというだけで飼うことに決めたあの日・・・もっと猫について勉強しておけばと後悔することもたくさんあったのです。

でも、猫を飼うときって勢いでどんどん進んでいきますので、楽しいことばかり浮かんで、困る事ってあまり想像できないんですよね。

そこで、ここでは猫を飼う上で困ることを5つご紹介していきます。初めて猫を飼う方はどのような事で困るのか、事前に理解することでこの準備をしておきましょう(*’ω’*)


猫を飼う上で困る事5選!

猫を飼うと予想もしなかった問題が起こり困ることになります。

私は長年猫を飼っていますので、困ることはもはやないのですが、初めて猫を飼うのであればそれこそ困ることだらけになると思います。

ネットなどで調べていても、実際にその問題に突き当たるとマニュアル通りにできなくて本当に困るんですよね。猫は生き物ですので、それぞれに個性があり一歩通行なマニュアルは意味をなさない場合があります。

それでも、困ることを先に知っておくことで心構えができて、オロオロしたりイライラすることなく猫と向き合えると思います。

そこで、猫を飼う上で困ることについてご紹介していきます。

今回は私が猫を飼って初めのころに感じた困ることを中心にご紹介していきます。ただ、実際に猫を飼うともっと困ることも出てくるかもしれませんが、これについてはこちらでご紹介していますので参考にしてみて下さい。

参考記事⇒http://トラブル猫を飼う事でデメリットやメリットはある?正直な感想を実際に飼っている私が答えます。

1・トイレが色々と困る

猫のトイレについては困ることが多いと思います。

猫は本能でトイレが上手にできますので、しつけという意味では困らないのですが、猫のトイレのニオイやトイレ砂の飛び散りなどで困ることになると思います。

猫を飼う前は猫はトイレが上手にできるから手間がかからないという情報は簡単に手に入るのですが、猫きれい好きだからトイレはこまめに清掃しなければトイレを嫌がる事や、トイレ砂の大きさによって猫の足に砂が挟まり部屋中にまき散らすことがあるから、猫に合わせた砂を選ばなければならないなど、負の情報ってあまり見ていないんですよね。

私も猫はトイレが上手にできる事はあらかじめ知っていましたが、トイレ砂をまき散らすことは想定していませんでしたし、トイレのニオイがここまでこもるのも予想していませんでした。

室内飼いだとニオイがこもりますし、こまめな清掃をしても臭いものは臭いんですよね。

猫を飼うとトイレで困ることがありますので、快適な猫ライフを送るのであればしっかりとした対策と準備が必要ですよ。

2・毛があちこちついて困る

猫を飼っていると困るのが、いつまにか抜けた猫の毛です。

猫の毛は衣類やカーペット、布団、ソファなど猫のいる空間にあるものに付着してしまいます。衣類に猫の毛がつくと取るのが大変で、お出かけの直前に気づくと時間がないのにと焦ることもあります。

また、猫の毛を付けたまま外出してしまうと、猫アレルギーの方に迷惑になりますし、毛を付けていてると掃除も出来ないのかと思われる事になるのです。

たかが毛ですが、毛だと高を括っていると困ることになります。

猫の毛が抜けるのは必然ですので、抜けるのであればきちんとしたお手入れをする事で、毛が抜けてつくことを極力抑えることができます。

具体定期にはこまめなブラッシングで猫の抜け毛をとってあげたり、衣類を選択するときにペットの毛を絡めてとるグッズを使うなど対策はできます。空気清浄機を使用するのも効果的です。

猫の毛をそのままにしておくのは衛生上も良くありませんので、困らぬよう猫の毛のお手入れは欠かさず行いましょう。

3・爪とぎで困る

猫は爪とぎをどこでもします。

ガシガシとタンスや柱、床、ソファなど本当にどこでもします。やわらかい所で爪とぎをされると凄まじいダメージが出て困ります( ノД`)

本来、猫は狩りをして生活していた動物ですので、爪のケアは欠かせません。鋭い爪で獲物を狙う為に必要ですし、自然の中で身を守るためにも鋭い爪は有効ですよね。

そのため、爪を鋭く保たなければ生き残れないので、どこでも爪とぎをするという事なのです。

市販の爪とぎもありますが、本当にきちんとしつけなければ、それだけで爪とぎをする事をしませんので、相当の根気が必要だと思います。

私はすでにあきらめていますので、そこまで気にならないのですが、唯一テトがテレビで爪とぎをしようとしたときは速攻で引きはがしに行きました。いくらなんでも液晶テレビにガシガシと爪とぎをされたら悲しくなります。

大事なもので爪とぎされたくないのであれば、大事なものは隠したり片付けるようにしたいですね。

4・暴れて困る

猫はやんちゃで暴れます。

猫にもよるとは思いますが、2歳くらいまではあちこち走り回りぶっ飛んでいます。

ジャンプ力は相当高く、1メートルくらいであれば難なく飛び越えていきますよ。

おもちゃでぬいぐるみを与えれば咬みついてこれでもかと叩きのめしていますし、猫じゃらしなんかは自分で食わえてブンブン振り回して遊んでいます。

猫の本能の祭典「夜の運動会」も開催されることがあり、人間が寝静まった深夜に迷惑を顧みない運動会が行われます。猛スピードで走り回り、あっちこっち飛んで暴れています。

初めて猫を飼う方が遭遇すると壊れたのかと怖くなるほどで、眠れないこともしばしばあるのです。慣れれば「いつもの事か」と思うようになり、ほっといて寝ることができますが、その境地に達するまでが大変なのです。

猫が暴れるのは本能でも困るんです。

5・病気になり困る

病気にになるのは猫も同じ。

だったら、困るとは何を言ってるのか。病院に連れて行って診てもらえばいいじゃないと思われるかもしれませんが、初めて猫が大病を患い通院入院をすると病院代に困るのです。

猫が病気になって心配なのは当然です。

でも、何の知識もなく猫を病院に連れて行き、入院を数日すると10万を超える請求が来て準備が整っていなければ困ることになります。

我々人間は国民皆保険制度という税金を使った福祉で支払額が少なくなっていますが、猫の場合はこのようなものはなくすべて全額負担となるのです。

私も以前飼っていた猫を何の知識もなく入院させて治療しましたが、数日で7万円を超える治療費がかかり、急な事態で困ったことがあります。さらに治療の甲斐もなく愛猫を救うこともできなくて本当につらかったです。

猫も年を重ねていけば、いずれは何らかの病気になりますので、困らないように事前の準備が必要になりますよ。


可愛くて困る

猫を飼うことで困るのは、何も負の面だけではありません。

可愛くても困るのです(*^^*)

猫を飼うとこれまで経験したことのない感動が満載です。子猫の時は本当に可愛く、ちょっとした仕草で癒されますし、弱々しい子猫の姿を見て頑張ろうとも思えます。仕事に行っても猫の事を考える時間が増えるんですよね。

猫と一緒に生活して慣れてくると一緒に寝る事も増えてくると思います。休日のポカポカした日にうたたねをしているといつの間にか猫が寄ってきて膝の上で寝始めたりしますし、寒い日にはベッドに入ってきて枕を使い堂々と寝たりもします。起用に布団から頭だけ出して寝る猫の姿に可愛いと困るはずです(*^^*)

猫を飼っていると可愛いと思える瞬間が毎日のように訪れ、困ったことなんて吹っ飛んでいきます。

猫の可愛さに負けて飼っていますので、当たり前なんですけどね。

そんな猫の可愛い仕草に困ってみてはいかがでしょうか。


まとめ

猫を飼う事で困ることを見てきましたが、猫を最後まで面倒を見る覚悟を決めているのであれば、本当に些細な事に感じます。

しかし、猫を飼ったことが無く初めて遭遇するトラブルであれば困ったと感じるかもしれません。でも、これを乗り越えた先に猫とのほのぼのとした生活が待っていますので、猫が好きなのであれば頑張って克服してみてはいかがでしょうか。

猫を飼うと困ることもありますが、猫とずーっと一緒に生活していると日常になりますよ。