猫と年越し、いつもと変わりません。

2020年12月31日、激動の1年となった本年度も終わりを迎えます。今年はコロナウイルス一色でオリンピックも延長となりこれまでにない一年になりました。

コロナウイルスの影響で本当に疲れましたね。

皆さんこんにちは、「きぃ」です。

本当に疲れた1年でしたが、我が家では愛猫テトが新たに家族となり、大変な中でもステイホームも楽しく過ごせたと思います。

ただ帰省もできませんし、2020年の年越しはいつもと変わらない夜を迎えそうです。


猫と年越し、変わらない日常がいいのです

大みそかとなった本日、帰省の予定もない我が家は掃除と買い出し、もちろん愛猫テトへのご褒美も忘れません。

早速朝から掃除を始めたのですが、愛猫テトにとって掃除は遊びの一つとなっていて、掃除をしている家族の元へじゃれついてきます。

窓拭きを始めると一緒になって雑巾を追いかけるテト。反対側の雑巾を追いかける姿は何ともほのぼのするのですが、気を付けなければならないのが脱走です。すでに4カ月を超えたテトは俊敏がかなり高くなり、一瞬のスキをついて猛ダッシュで駆け抜けます。これは本当に早くてテトを捕まえることは子供でも無理です。

万が一にも脱走したら外で捕まえることは非常に困難だと思いますので慎重になります。テトが遠くにいるからと気を許したら最後、猛ダッシュで突撃してきます・・・・ベランダへの移動は本当に心臓に悪いですよね~。

一通り窓ふきが終わったら部屋の埃取りと掃除機かけですが、テトは猫らしく掃除機へは近づきません。音がダメなんですよね。

この時ばかりは邪魔されず一気に掃除をしてしまいます。

猫部屋として開放している一室でテトは一人遊び。掃除機をもって邪魔してやります(*’ω’*)

結局、一緒になって遊んで掃除がはかどらないのは猫あるあるです。

で、掃除の後は買い物へと行きます。大晦日最後の晩餐とテトへのご馳走。テトへは無添加のおやつとちょっと良いキャットフードを購入、さてテトの反応はいかがなものか気になります。

で、ここからは猫が嫌がる儀式の始まりなのです・・・・


猫も今年最後ということでお風呂に入れました

猫は基本的に奇麗なのでお風呂に入れる必要はないと言われています。

しかし、飼い主の都合ではありますが、一年の締めくくりということで、テトをお風呂に入れました。

最初は興味津々といった表情でお風呂場に登場する愛猫テト・・・堂々たる姿はバッチコーイといった頼もしい姿なのです(*’ω’*)

さて、猫のお風呂ですが、我が家では湯船に浅くお湯を張り、湯船の中で一気に洗ってしまいます。

湯船にテトを入れて、ぬるめのお湯を全身にかけます。ここまでは特に嫌がる様子もなくなされるがままにしてくれます。

十分に体が濡れたら体を洗うのですが、テトは体をまさぐられるのが苦手らしく、ここから抵抗を始めるのです。

最初はイヤイヤと前足で拒否する仕草を見せるのですが、シャンプーが佳境に入る頃には湯船から出ようとして暴れだします。ここで可哀そうだからといって中途半端で終わらせる事はできませんので、テトには少し我慢してもらって手早く洗い流しますが、暴れるのでシャワーを上手く体にかけられず私もテトも少し焦りだすのです・・・時間をかけるとだめですね。

テトのお風呂は3人がかりの大事になります・・・

洗う必要が無いので、初めからお風呂に入れなければいいのですが、これも飼い主の愛情だと思って我慢してほしいものです。

さて、お風呂が終わったテトですが、ドライヤーで体を乾かすのは嫌いなので、この時期に大活躍する「こたつ」の中で乾かします。

相当気になるのか、毛づくろいが終わりません。

ごめんよ、テト。でも、奇麗になってほしいから我慢してね。

最後はご褒美のおやつでテトを慰めます(*’ω’*)

これは、おやつでまたお風呂に入ってくれる作戦ですので、次回も上手く?いって欲しいです。

コロナウイルスでステイホームとなった12月31日でしたが、テトを含め一年の穢れを全て払う事が出来たと思います。

2021年のテトはどこまで成長するのか、期待と不安の大晦日でした。