猫がお風呂を嫌がるので入れるのは大変なのです。

皆さんは愛猫をお風呂に入れいますか?

皆さんこんにちは、「きぃ」です。

先日、年末ということもあって愛猫テトをお風呂に入れてみました。

猫にお風呂はいらないと言われていますが、飼い主の思いやり(余計なお世話)で、一年の穢れを祓うために入れたのですが、やはり大変でした・・・・


猫を実際にお風呂にいれたらパニックに!

愛猫テトをお風呂に入れようと思ったのは時期的な雰囲気からです。

正直なところ、テトは完全な家猫ですので極端に汚れることがありません。無理にお風呂に入れる必要はないのですが、今回は年末ということでお風呂に入れる事にしました。

お風呂に入れる前に爪切りをして準備を整えます。爪切りも大変で、ばっちり起きている時は全くできません。私のところでお昼寝をしているスキにバッツバッツ一気に切ります。

年末は天気が悪く寒い事が心配でしたが、どうにかこの日は晴れてお風呂日和!もちろん日中に入れます。

早速、テトをお風呂に入れます。

最初の方はお風呂をよくわかっていないようで、お風呂に連れて行っても大人しくしていました。

事前にバスタブにお湯を張っていたので、お風呂に入るなりテトを投入。

お湯で濡れるとなんだか不安そうな表情でこちら見るテト。

実はテトのお風呂が心配だったため、3人がかりでの作業?で対応していました。大がかりになりましたが、愛猫ですので何かあった場合にすぐに対応できる安心感があります。猫を安全にお風呂に入れるのは一人では無理だと思ったのは後々になってからです。

バスタブにテトを投入するまでは良かったのですが、シャンプーを使って洗い始めると徐々に落ちつきがなくなり、次第にバスタブから逃げようと暴れだします。

猫は水を嫌うといいますが、本当ですね。

シャンプーを使用しているのですすぎはしっかりしないとダメですし、テトは逃げようと必死ですし、お風呂場はパニックとなってしまいました(/・ω・)/

猫をお風呂に入れる時は決して甘く見てはいけません・・・


猫がお風呂を嫌がるのはなぜなのか?

猫は何故お風呂を嫌がるのでしょうか。

お風呂へ入れるのが大変だったので、猫の水嫌いについて調べてみました。何かお風呂嫌いを克服する良いアイディアでも思い浮かべばいいのですが・・・

猫は種類にもよりますが、多くは元来水を嫌がる動物です。

猫が水を嫌がる理由として挙げられるのが、猫の祖先と称されるリビアヤマネコが砂漠で生活していた為ではないかと言われています。

砂漠で生きるには水は必須になりますが、砂漠は寒暖差が激しく水に濡れると体温調整が難しく命にかかわるために嫌がるそうです。

また、猫は皮膚の薄い部分で皮脂を分泌しグルーミングする事でビタミンDを摂取していると言われていますので、水に濡れる事でビタミンDを作ることが出来にくくなるのを嫌うとも言われています。

このように猫は砂漠で逞しく生き抜いてきたからこそ水を嫌うようですが、これでは猫が気持ちよくお風呂へ入れることは難しそうですね。

猫の品種によっては水を気にせず、お風呂だけではなくプールで泳ぐ猫もいるそうですが、残念ながら愛猫テトにはむりそうです。


猫がお風呂からこたつへ・・・

パニックになりながらもお風呂を終えたテトですが、水気をタオルでふき取った後、ドライヤーで仕上げをしようとしたら逃げられました。

お風呂でストレスマックスだった上に、ドライヤーの不快な音がテトを刺激したのでしょう、一目散に逃げていきました・・・

で、どこに行ったのかというと、こたつの中です(*^^*)

冬になってテトは暖かいこたつの中がお気に入り。

気が付けばこたつにいるのが寒い時期のお決まりで、お風呂の後もこたつでぬくぬくしています。というよりも、必死にグルーミングしている姿から、体を早く乾かすためにこたつの中に入ったようにも思えますが、どうなのでしょうか?

これだけグルーミングをするということは、水に濡れるのが相当嫌なのかもしれないですよね。

いつもとは違った行動で少し心配になりましたが、テトはこたつの中でしばらく体を乾かした後、普段と変わらない暴れぶりを見せてくれましたので体調に問題は無いようでした。

お風呂を頑張ったのでご褒美におやつをあげてご機嫌取り(*’ω’*)

嫌がるテトをお風呂に入れるのはかわいそうですので、しばらくはお風呂は無しですね。

猫をお風呂に入れるのは思った以上に大変です・・・